プロフィール


大森敏勝 Katsutoshi Omori

1956年 東京都出身
1979年 学習院大学 文学部英米文学科卒業
1983年~ 株式会社 島田建築設計事務所
1988年~ 有限会社 山下和正建築研究所
2002年~ 有限会社 ビーアンドオーアソシエイツ共同設立
2003年~ スペースプラネクスト設立

1級建築士事務所 登録 / 東京知事登録 第 49383号

omori_profile.jpg

コンセプト


「建築」を形づくる要素の一つは、「空間」のもつ「機能」があります。
建物は用途、目的があって計画され、そのために必要な機能を満足する空間を確保し、
渾然となった機能、矛盾する要素を一つの「テーマ、コンセプト」にそって
バランスよく秩序立てする過程こそが建築家の役割だと思います。
そして建築に関わるあらゆる要素を取捨選択すること、
もしくは方向性を与えることが、結果として最終形である空間となって現れるのだと思うのです。

建築空間を捉えるときに、その機能性、連続性を追及し余分な物をそぎ落としていくと、
一見シンプルな形状に収束します。
そのような空間を純化していくことで固定化された「機能」に限定されない
流動的な空間を目指しています。私が、関わってまいりました「建築」は、
そういう意味でプリミティブな空間構成となっております。

「建築」に求められる「機能」は時間とともに変化してゆくものであり、
空間という3次元に対して時間軸という次元を加味する時、
ある一時点での結論は決して正解であるとは言い切れないからです。
そこで営まれるであろう物事の受け皿として、
ある程度のキャパシティーを内包した「空間」でありたいと考えているからです。

私は単純化された空間の連続性が、単に機能というスペースのつながりではなく、
空間の流れ、リズム、意外性や感動を生む契機になればと考えています。

_MG_5647.jpg

_MG_5078.JPG

Y-HOUSE

_MG_5110.JPG

Y-HOUSE

_MG_5089.JPG

Y-HOUSE

_MG_5095.JPG

Y-HOUSE

_MG_5280.JPG

Y-HOUSE

_MG_5515-2.jpg

I-HOUSE

_MG_5612.jpg

I-HOUSE

_MG_5647.jpg

I-HOUSE

_MG_5706.jpg

I-HOUSE

_MG_5768.jpg

I-HOUSE

外観.JPG

S-HOUSE

DSC_0034.JPG

S-HOUSE

DSC_0063.JPG

S-HOUSE

DSC_0130.JPG

S-HOUSE

DSC_0100.JPG

S-HOUSE