プロフィール


鈴木茂雄 Shigeo Suzuki

1966 新潟県長岡市生まれ
1990 法政大学工学部建築学科卒業
1993 法政大学大学院工学研究科建設工学専攻修士課程修了
1988-1993 陣内研究室所属
1989 モロッコ調査参加
1989 中国江南水郷鎮調査参加
1991 シリア・ダマスクス調査参加
1993-2000  空間研究所所属
2000 スタジオシンク設立
2009 フェリカ建築&デザイン専門学校 非常勤講師

一級建築士 神奈川県建築士会会員                    
主な著書 季刊「iichiko/ダマスクスの文化学」1993 共著
     「実測術」2001 共著

suzuki_profile.jpg

コンセプト


事務所名は Synchro つまりいろんなものに同期し
そこからモノゴトを進めようとの意図が含まれております
また Synchronicity(共時性)という言葉からも取っており
人との出会いや物事の始まりを偶然としてとらえるのではなく
自らの望みによる必然だと考え
いっそう一つ一つの出会い出来事を大切にしていこうとの考えからです
クライアントとのよりよいコラボレートを目指して設計を進めていきます

lv05.jpg

アルターナ(物見台)のある住宅

lv06.jpg

街頭の少ない住宅街の中で行灯の様に街路を照らす。公共空間へのアプローチの一端。

アルターナ(物見台)のある住宅

lv25.jpg

2階より階段室見下ろす:緩やかな階段と均一な明るさを配置。階段室壁面の室内窓はキッチンへと繋がる。

アルターナ(物見台)のある住宅

lv15.jpg

最天井高さ3.4mを利用した壁面書架。梯子は普段は壁面に接する様にかけられる。

アルターナ(物見台)のある住宅

lv27.jpg

浴2階リビング:床コルクは市松貼。ダイニングテーブルはこの空間の基調色になっている。


アルターナ(物見台)のある住宅

lv28.jpg

ダイニングテーブルから母居室を望む:古材の様な手摺や梁はダイニングテーブルに合わせて染色塗装されている。箱階段上からアルターナ越の外光が入り込む。

アルターナ(物見台)のある住宅

lv30.jpg

母居室東側窓:この居室の窓には全て襖戸が設えられている。南東向きの居室の採光と通風は大変良い。